about

【着物コラージュアート】
着物コラージュアートは、試行錯誤の末、naomariaが2015年に確立した他にはない新しいアートです。
さまざまな過程を経て、半立体のモチーフ、フラットの作品、文様などのスタイルが誕生しました。
作品のほとんどは、naomariaが直感(インスピレーション)で制作したものばかりです。インスピレーションの元は、70年代のクラシックロック、ボヘミアンテイストのファッションやインテリア、70年代のレトロ、カラフルな雑貨やアート、繊細で巧妙なモザイク、そして、溶け込んでしまいそうに自分という存在がとても小さく感じるほどの雄大な自然。心が躍るものはたくさんあります。それらに刺激を受けたnaomariaのスピリットが、イメージを通して作品へと導いてくれます。

【バイオグラフィー】
naomariaがプリザーブドフラワーの作品制作において他との差別化を追求した結果、2013年”着物コラージュアート”という新しいアートが誕生。2015年確立。”直感”に従い生まれたこのアートは、彼女にとって純粋な想いの結晶である。2015年芸術活動開始。国内ではギャラリーや美術館、有形文化財などで個展を開催。2018年9月には、念願のニューヨークで個展を開催した。
naomariaは、長い歴史が育んだ伝統と技術の詰まった着物には強いロマンを感じる、という。特に、全て手作業で作られたアンティーク・レトロの着物にはアナログの不完全さと温かさが備わっており、いつでも彼女を70年代の心穏やかな時代へと導く。そこに、naomariaの特徴的な色組み合わせが加わり、独創的な作品が誕生する。目指す色世界を表現するため、墨流しやマーブリングアートの作品も制作している。